中古車査定で得をする基本的なポイントを知っておきましょう

 

kuruma garegi2

車の売却を考えた場合、最初にとる行動は売る予定のクルマの査定を受けることになります。

その際、中古車査定の基本的なポイントを知ることで、効率よく高値での売却を実現できるようになります。

査定を受ける際の基本的なポイントとして最も大切なことは、車を売ると決めたら一日でも早く査定をしてもらうということです。

ご存じの通り、中古車は時間とともにその価値が下がっていってしまいます。

クルマに限ったことではありませんが、古くなればなるほどモノの値段が下がってしまうのは仕方のないことです。

中古車は1ヵ月単位で価値が下がり価格が落ちていきますし、市場の動向が反映されて短期間のうちに不人気車となってしまう場合もあります。

先のことを予測するのは難しいことですから、すでに現時点で人気車となって高い評価を受けているのであれば、早めに査定を受けることがとても大切だといえるでしょう。

また、査定額が上下する要因には、季節的な需要も大きく関係しています。

夏場であれば爽快感を求めてオープンカーの人気が高まりますし、冬場には雪道に強い4輪駆動車の需要が高まります。

また、春先から秋口などにかけてのアウトドアーが盛んな時期には、クロカンと呼ばれる車種が人気になります。

シーズンに入ってしまってからでは逆に相場が動きにくくなりますので、売却のタイミングを逃さないように早めの対応が求められます。

さらに、中古車査定受けるときには、査定をする人の印象を良くする工夫も大切なポイントになります。

普段使用しているままの状態よりも、査定の前に洗車や室内の清掃をすることで、これまで車を大切に扱ってきたに違いないという、好印象を与えることができます。

ボディの傷みと査定額には密接な関係がありますが、日常的に車を使用していれば洗車などによっても小さな傷は必ずついてしまうものです。

可能であれば、コンパウンドなどで磨くことで消せる傷に関しては消すことも大切なポイントになるでしょう。

かといって、大きめの傷をあえて修復してまで査定を受けることはおすすめしません。

なぜなら、仮に修復をしても、それにかかった費用以上に査定額がアップするということは考えにくいからです。

以上、中古車査定を受ける際の、基本となるポイントをいくつか解説させていただきました。

クルマを売る予定のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。