車を売る前に必ずやっておきたい車内の清掃

kuruma shanai

中古車を高く買い取ってもらいたいのであれば、買取業者に見てもらう前にやっておくべきことがいくつかあります。

その中のひとつに、車内清掃があります。

査定をする人も人間ですから、内装をチェックした時に車内がきれいになっていれば、心情的に良い評価をしたくなると思います。

長年乗り続けた車内には、思っている以上のゴミや砂などが溜まっているものです。

「どうせ売ってしまう車なのだから、いまさらきれいにしても意味がない」などと考えないで、長年お世話になった車への感謝の気持ちも込めてしっかりと掃除をしてあげましょう。

床やマットの細かなゴミや砂などは、ホウキではなかなか取れませんので、クリーナーなどを使ってすみずみまで綺麗にするようにしましょう。

査定をアップさせるためには、室内を単純にきれいにするだけではダメです。

意外に査定額を左右するのが、車内の臭いです。

ペットを車に乗せている人や、車内でタバコを吸っている人は、しっかりと消臭をしておくことをお勧めします。

普段乗っている本人はあまり気にならないかも知れませんが、他人からすればペットの臭いやタバコの臭いはとても気になるものです。

カー用品店に行けば、消臭スプレーが売っていますので、査定をしてもらう1週間以上前から、しっかりと消臭をするようにしましょう。

近くにカー用品店がなければ、スーパーやドラッグストアで売っている家庭用の消臭スプレーでもある程度の効果はあります。

消臭で特に気をつけるべき部分はエアコンの内部です。

この部分は、一般の消臭スプレーではなかなか対応ができないので、専用のスプレーを使うようにしましょう。

車内の臭いがあるかないかの違いだけで、買取価格が数万円も違ってくることがありますので、面倒くさがらずにしっかりと対策をしておきましょう。

車内の汚い車や臭いのする車は、業者が買い取った後、お金をかけて清掃をすることになります。

その分の手間賃が査定額から差し引かれてしまうことになるわけです。

清掃用品は1000円から2000円程度で揃えられますし、掃除にかける時間は1時間もあれば十分です。

一手間かけることで査定額がアップするのならば、絶対にやらないと損です。

あと、室内に関するちょっとした裏技ですが、ついているカーナビやオーディオがメーカー純正じゃない場合は、取り外してオークションなどで売ってしまったほうがお得です。

なぜなら、車の査定において、カーナビやオーディオなどのオプションパーツが評価をされるのは、メーカー純正だけだからです。

ついていても取り外しても同じ買取額になってしまうのであれば、外してオークションなどで処分してしまったほうがいいわけです。