買取り専門店なのにディーラーよりも20万円も安く買取りされました

kuruma パジェロ1

最近では、全国ネットで流されている中古車買取店のコマーシャルをよく目にするようになりました。

実は私も新車を買う際に、いま乗っている車を少しでも高く売って新車の頭金を当てようとそういったお店を利用した経験があります。

車種は三菱のパジェロという四駆車でした。

年式も新しく走行距離も少なかったので、査定額もそれなりに期待していました。

車のチェックをしてもらっている間、ワクワクしながら待っていたのですが、実際に提示された買取り価格は想定していた金額よりもかなり低いものでした

その時の私は、一括査定サイトなどというものがあるということを知らず、家の近くに他の買取り専門店もなかったことから、仕方がなくその金額で売却を決めてしまいました。

このときに、買取り業者の人がしきりに「いくらくらいでの買取りを希望されますか?」と何度か聞いてきたのが気になりました。

おそらく、他の店からも見積もりを取っている可能性があると考えて、探りを入れてきたのでしょう。

しかし、それはあまりにもずるいやり方だと思います。

売り手側の希望を先に聞くのではなく、買取側の通常の金額を先に提示して欲しいと思うのです。

結局私は、足元を見られてしまったということになります。

業者さんにもよるとは思いますが、相手の本音を探り合うようなずる賢い取引はやめてもらいたいものです。

あとで、三菱系のディーラーに勤務する知人に「あのパジェロならさらに20万円以上は高く売れると思いますよ」との話を聞かされて言葉を失ってしまいました。

その知人も私のパジェロを何度か見たことがあり、キレイに乗っていたことを知っていました。

純正のオプションなどもたくさんついていましたし、プラス要因になる点はいくつもあったとのことです。

このことを聞いて、車買取専門店はディーラーよりも高く買い取ってくれると信じていた私は大きなショックを受けました。

1社の買取り店の査定額だけで売却してしまったことを、本当に悔やみました

査定をする方も、たんなる駆け引きでなく、オーナーがどんな思いで車を手放すのか、どのようにして愛車を大切にメンテナンスしてきたのかなどの心情も配慮して、良心的に査定をしてもらいたいものです。

どうもこの世は、正直者が馬鹿をみるようになっているようです。しかし、いつまでも悔やんでいても仕方がありません。

今回の愛車の売却では、いい勉強をさせてもらったと前向きに考えるようにしたいと思います。