ディーラーとの商談の前には下取り車の相場に関する準備が大切

kuruma akushu 2

これまで8年乗ってきた車もいよいよ買い替えを検討する時期になってきました。

新しい車を買う予定のディーラーに行って、新車についての商談をするついでにいま乗っている車の査定をしてもらうことになりました。

8年乗った車なのでそれほど期待はしていませんでしたが、その査定結果にひどくがっかりさせられました。

新しい車を購入するために、いま乗っているクルマの下取り金も重要な軍資金として考えていたので、ちょっと予定が狂ってしまいました。

不景気なご時世で、新車の頭金をそれほど準備出来る状況ではありませんので、いま乗っている車をある程度の金額で下取りしてもらうことは絶対条件なのです。

あまりにも予定とかけ離れた低い提示額に、さすがにその場でOKの返事をすることができずに、商談を中止して家に帰ってきました。

悔しくて家に戻ってから、いろいろと下取り額をあげる方法はないものかインターネットを使って検索してみました。

その結果、あるサイトから重要なヒントが見つかりました。

考えてみれば、何も新車を買うお店に必ずしも下取りに出す必要はないわけです。

同じ年式で、同じ走行距離の車であっても、お店によって買取り金額が大きく異なることがあるという事実が判明したわけです。

そのサイトによると、新車の商談に行く前に複数の買取り店の見積もりを入手することで、ディーラーから希望する買取り額を勝ち取ることができる可能性が高くなるとのことです。

ディーラーは新車を売りたいという気持ちが強いですから、下取り額に納得がいないためにお客さんを逃がしてしまったのでは大変です。

そのため、具体的な数字を持って、買い取り交渉をしてくるお客さんに対しては、よりよい数字を出してくれるのだそうです。

 

まったく相場を知らないお客さんであれば、ディーラーの査定額は絶対だと思っているので、そのまま問題なく商談を進めることができるのですが、すでに他社から見積もり取っていて相場を知っているお客さんの場合にはそうはいきません。

このサイトで得たヒントをもとに、しっかりと準備をして後日あらためてディーラーに商談に行きました。

その結果、当初の希望額まではいきませんでしたが、十分に納得できる金額で下取りしてもらえることになりました

世の中は何ごとも、知っているか知らないかの差で、損をしてしまうことがあるということを、今回の件で痛感しました。

たまたまネットで見つけたサイトに感謝です。