買取り専門店に売るよりもディーラーに下取りに出した方がいい理由

kuruma-kagi-watasu-02

車も長く乗っていると徐々にガタがきます。

故障が増えてきたら、そろそろ下取りに出して買い換えるタイミングかも知れません。

車はずっと使用し続けて乗りつぶすという考え方もありますが、実際にはタイミングを見計らって買い替えたほうがお得だと言われています。

車は古くなれば燃費も悪くなりますし、故障の頻度が増えてメンテナンスの費用がかさむようになります。

車検のときにも、交換するパーツが増えることによって、車検代もどんどん高くなります。

さらに、新車登録から13年以上経過した車は、自動車税や重量税などが割増になってしまいます。

日本車はもともと高性能なので、10年間、10万km程度まではまったく問題なく乗れるのですが、それ以降はさまざまな維持費用がかかるようになるので、買い替えを検討したほうがいいといえるでしょう。

今後はもう車に乗らないという方でしたら、買取業者に売却する方がお得ですが、これからも買い替えをして乗り続けていくということであれば、下取りのほうがいいかもしれません。

いま乗っている車を下取りに出すということは、ある意味ディーラーに恩を売ることにもなるわけです。

新しく車を買ったら、そのディーラーとは長い付き合いになるわけですから、アフターサービスなどを考えると、印象を良くしておくことは大切でしょう。

私の知人にディーラーに勤めている人がいます。

彼がいうには、ディーラーで下取り額アップのための交渉をしても、あまり意味がないそうです。

一生懸命交渉して下取り額が5万円アップしたとしても、新たに買う車とからめてどこかで帳尻を合わせができるからです。

新車の値引き額をおさえたり、サービス費用を高めに設定して、下取り額をアップした分を埋め合わせするわけです。

そういうカラクリが分かってしまうと、わざわざ交渉をしても意味がないということがお分かりかと思います。