かなり状態のひどい車でも査定額ゼロ円ではありませんでした

kuruma-iroiro-02

先日、家族共用の国産の軽自動車を買い換えたのですが、古い車のため残念ながら下取りの査定額は悲惨なものでした。

中古車業界にはオークション相場をもとにした共通の買い取り価格表が存在します。

その価格を元に、個々の車の状態を照らし合わせながら最終的な査定額を決定する仕組みになっているのですが、私の車の場合、どうやら元の共通価格自体が低かったようです。

ほぼ限りなくゼロ円に近い数字になっているようでした。

その軽自動車は、人気車種ではあったのですが、すでに10年以上乗っており、走行距離は軽く10万kmを突破していました。

やはり軽自動車で10万kmを超えるとかなり査定は厳しくなるようです。

しだいに故障が多くなり、助手席のドアに至っては開閉時に誰かが叩いているような音がするのです。

初めてこの車に乗る人は例外なく、「この車、大丈夫?」と怪訝な表情を浮かべます。

外観はそこまでひどくないのですが、内装がボロボロで、あちこちに缶コーヒーや炭酸水の染みが点々とついています。

時計も時間を合わせることができず、常に2時間半ほど現在の時刻よりも遅れています。

そして、家族が親しい友人たちを繰り返し乗車させたために、タバコのにおいやペットの臭いなども漂っているような状態です。

それと、定期的な点検を記録しておく整備手帳や一部の装備品が欠けているようでした。

結果的にこの車の下取り額は2万円でしたが、むしろゼロ円ではなかったのが不思議なくらいです。

恐らくスクラップ代金として解体業者から数万円ほど入り、軽自動車の抹消手続きのための事務手数料を差し引き代金が2万円なのだと思います。

鉄スクラップの値段が低い時代には、このようなボロ車を廃車にしようとすると、逆にお金を取られたりすることがありました。

それを考えてみれば、たとえ2万円でも車に値段をつけてくれただけありがたいと思っています。