ローンを払っている途中の車を売ることが出来るか?

kuruma-baikyaku-02-13

新車をキャッシュで購入できるほど懐具合のいい人は、そうはいないと思います。

多くの場合は、ローンを組んで車を購入することになります。

しかし、ローンを払い終える前に、なんらかの事情により車を手放さなければならないことがあるかもしれません

たとえば、地方に住んでいる人が都会に引っ越しをする場合などです。

地方では交通手段がないので、車というのはある意味では生活必需品といえます。

しかし、都会では電車やバスなどでどこにでも行けてしまうので、車は必要ありませんし、車を持つとなると有料駐車場などの負担がけっこう大変になります。

そこで、都会への転勤をきっかけに車を売却しようと考える人も出てくるわけです。

ただし、ローンで購入した車の場合には、名義がディーラーや信販会社になっていることが多いものです。

他人名義になっているものを勝手に売却したりすると、法的には横領罪になってしまう可能性があります。

そのため、残りのローンを一括で返済したうえで、名義を自分にしてからでないと、売却ができないことになります

しかし、残りのローンを一括で返済するといっても、残額によっては簡単に一括で返せる額ではないでしょう。

カーローンを一括返済するためにだけに、別のところから新たな借り入れをするというのも馬鹿らしい話です。

それではどうすればいいのでしょうか?

難しく考える必要はありません。

そのまま車の買取店に持ち込めばいいのです

車の買取専門店では、ローンの残っている車であっても、問題なく買取をしてくれるところが多いです。

そういった店であれば、残りのローンを買取店が肩代わりして一括で支払ってくれますので、法的には問題なく車を売却できることになります。

たとえば、持ち込んだ車の査定額が150万円だったとして、ローンの残りが100万円だったとします。

買取店は、信販会社に100万円を一括で返済したうえで名義の変更をして、その車を買取るわけです。

そして、信販会社に返済をした残りの分の50万円を、売却をした人に現金で買取代金として支払いをするわけです。

このように、ローンが残っている車であっても、問題なく売却することができるわけです。