ローンを払っている途中の車を売ることが出来るか?

kuruma-baikyaku-02-13

新車をキャッシュで購入できるほど懐具合のいい人は、そうはいないと思います。

多くの場合は、ローンを組んで車を購入することになります。

しかし、ローンを払い終える前に、なんらかの事情により車を手放さなければならないことがあるかもしれません

たとえば、地方に住んでいる人が都会に引っ越しをする場合などです。

地方では交通手段がないので、車というのはある意味では生活必需品といえます。

しかし、都会では電車やバスなどでどこにでも行けてしまうので、車は必要ありませんし、車を持つとなると有料駐車場などの負担がけっこう大変になります。

そこで、都会への転勤をきっかけに車を売却しようと考える人も出てくるわけです。

ただし、ローンで購入した車の場合には、名義がディーラーや信販会社になっていることが多いものです。

他人名義になっているものを勝手に売却したりすると、法的には横領罪になってしまう可能性があります。

そのため、残りのローンを一括で返済したうえで、名義を自分にしてからでないと、売却ができないことになります

しかし、残りのローンを一括で返済するといっても、残額によっては簡単に一括で返せる額ではないでしょう。

カーローンを一括返済するためにだけに、別のところから新たな借り入れをするというのも馬鹿らしい話です。

それではどうすればいいのでしょうか?

難しく考える必要はありません。

そのまま車の買取店に持ち込めばいいのです

車の買取専門店では、ローンの残っている車であっても、問題なく買取をしてくれるところが多いです。

そういった店であれば、残りのローンを買取店が肩代わりして一括で支払ってくれますので、法的には問題なく車を売却できることになります。

たとえば、持ち込んだ車の査定額が150万円だったとして、ローンの残りが100万円だったとします。

買取店は、信販会社に100万円を一括で返済したうえで名義の変更をして、その車を買取るわけです。

そして、信販会社に返済をした残りの分の50万円を、売却をした人に現金で買取代金として支払いをするわけです。

このように、ローンが残っている車であっても、問題なく売却することができるわけです。

 

かなり状態のひどい車でも査定額ゼロ円ではありませんでした

kuruma-iroiro-02

先日、家族共用の国産の軽自動車を買い換えたのですが、古い車のため残念ながら下取りの査定額は悲惨なものでした。

中古車業界にはオークション相場をもとにした共通の買い取り価格表が存在します。

その価格を元に、個々の車の状態を照らし合わせながら最終的な査定額を決定する仕組みになっているのですが、私の車の場合、どうやら元の共通価格自体が低かったようです。

ほぼ限りなくゼロ円に近い数字になっているようでした。

その軽自動車は、人気車種ではあったのですが、すでに10年以上乗っており、走行距離は軽く10万kmを突破していました。

やはり軽自動車で10万kmを超えるとかなり査定は厳しくなるようです。

しだいに故障が多くなり、助手席のドアに至っては開閉時に誰かが叩いているような音がするのです。

初めてこの車に乗る人は例外なく、「この車、大丈夫?」と怪訝な表情を浮かべます。

外観はそこまでひどくないのですが、内装がボロボロで、あちこちに缶コーヒーや炭酸水の染みが点々とついています。

時計も時間を合わせることができず、常に2時間半ほど現在の時刻よりも遅れています。

そして、家族が親しい友人たちを繰り返し乗車させたために、タバコのにおいやペットの臭いなども漂っているような状態です。

それと、定期的な点検を記録しておく整備手帳や一部の装備品が欠けているようでした。

結果的にこの車の下取り額は2万円でしたが、むしろゼロ円ではなかったのが不思議なくらいです。

恐らくスクラップ代金として解体業者から数万円ほど入り、軽自動車の抹消手続きのための事務手数料を差し引き代金が2万円なのだと思います。

鉄スクラップの値段が低い時代には、このようなボロ車を廃車にしようとすると、逆にお金を取られたりすることがありました。

それを考えてみれば、たとえ2万円でも車に値段をつけてくれただけありがたいと思っています。

買取り専門店に売るよりもディーラーに下取りに出した方がいい理由

kuruma-kagi-watasu-02

車も長く乗っていると徐々にガタがきます。

故障が増えてきたら、そろそろ下取りに出して買い換えるタイミングかも知れません。

車はずっと使用し続けて乗りつぶすという考え方もありますが、実際にはタイミングを見計らって買い替えたほうがお得だと言われています。

車は古くなれば燃費も悪くなりますし、故障の頻度が増えてメンテナンスの費用がかさむようになります。

車検のときにも、交換するパーツが増えることによって、車検代もどんどん高くなります。

さらに、新車登録から13年以上経過した車は、自動車税や重量税などが割増になってしまいます。

日本車はもともと高性能なので、10年間、10万km程度まではまったく問題なく乗れるのですが、それ以降はさまざまな維持費用がかかるようになるので、買い替えを検討したほうがいいといえるでしょう。

今後はもう車に乗らないという方でしたら、買取業者に売却する方がお得ですが、これからも買い替えをして乗り続けていくということであれば、下取りのほうがいいかもしれません。

いま乗っている車を下取りに出すということは、ある意味ディーラーに恩を売ることにもなるわけです。

新しく車を買ったら、そのディーラーとは長い付き合いになるわけですから、アフターサービスなどを考えると、印象を良くしておくことは大切でしょう。

私の知人にディーラーに勤めている人がいます。

彼がいうには、ディーラーで下取り額アップのための交渉をしても、あまり意味がないそうです。

一生懸命交渉して下取り額が5万円アップしたとしても、新たに買う車とからめてどこかで帳尻を合わせができるからです。

新車の値引き額をおさえたり、サービス費用を高めに設定して、下取り額をアップした分を埋め合わせするわけです。

そういうカラクリが分かってしまうと、わざわざ交渉をしても意味がないということがお分かりかと思います。

車の買取り業界も最近はずいぶんと変わってきました

kuruma kagi dentaku 02

かなりの年数、愛車としてきたマイカーを売却するには、なんとも複雑な気持ちになることも多いものです。

古くなってガタが来てしまった車といえども、今まで自分のパートナー的な存在であったことには間違いありません。

ですから、車を手放すときには、出来るだけきれいに掃除してあげたいといつも思っています。

もちろん、少しでもきれいにすることで、査定をする人の印象を良くするという目的もありますが、それよりも長年お世話になった車に感謝をするという気持ちをこめて掃除をしたいものです。

さて、そんな車の売却に関してですが、最近は中古車を買取りしてくれる業者も以前より多くなって、各社が競争をすることによって、買取り価格やサービスの質がどんどん上がってきているようです。

かつては、年式と走行距離でおおまかな売却価格が決まっていて、その価格にしたがって下取りに出すというのが一般的でした。

今では同じ車であるにもかかわらず、業者によって買取り価格に大きな差がつく場合も少なくありません。

しかも、各業者によって得意な分野があるようです。

たとえば、軽自動車に強い業者とか、スポーツカーに独自のルートを持つ業者などです。

ですから、かつてのように1社だけの査定だったならば、たまたま苦手な車種で安く買いたたかれるというようなこともありましたが、いまではいくつかの買取り店を訪問することで高く買い取ってくれるところを見つけることが可能になっています。

また、最近の買取り専門店のサービスの中でも驚きなのが、どんな車でも必ず買取るという「買取り保証」です。

つまり、10何年も乗ったようなオンボロ車でも、動かない車であっても、必ず買取るというサービスです。

かつてであれば、そのようなクルマは逆に廃車にする手数料を取られたものです。

しかし、いまではそういった車でさえも、しっかりとリサイクルによるパーツ再生に利用したり、開発途上国への輸出用の車にしたりという新たなルートがあるために、しっかりと買い取ることができるようなのです。

時代が変われば、車の買取り業者も大きく変わってくるものなのですね。

ディーラーとの商談の前には下取り車の相場に関する準備が大切

kuruma akushu 2

これまで8年乗ってきた車もいよいよ買い替えを検討する時期になってきました。

新しい車を買う予定のディーラーに行って、新車についての商談をするついでにいま乗っている車の査定をしてもらうことになりました。

8年乗った車なのでそれほど期待はしていませんでしたが、その査定結果にひどくがっかりさせられました。

新しい車を購入するために、いま乗っているクルマの下取り金も重要な軍資金として考えていたので、ちょっと予定が狂ってしまいました。

不景気なご時世で、新車の頭金をそれほど準備出来る状況ではありませんので、いま乗っている車をある程度の金額で下取りしてもらうことは絶対条件なのです。

あまりにも予定とかけ離れた低い提示額に、さすがにその場でOKの返事をすることができずに、商談を中止して家に帰ってきました。

悔しくて家に戻ってから、いろいろと下取り額をあげる方法はないものかインターネットを使って検索してみました。

その結果、あるサイトから重要なヒントが見つかりました。

考えてみれば、何も新車を買うお店に必ずしも下取りに出す必要はないわけです。

同じ年式で、同じ走行距離の車であっても、お店によって買取り金額が大きく異なることがあるという事実が判明したわけです。

そのサイトによると、新車の商談に行く前に複数の買取り店の見積もりを入手することで、ディーラーから希望する買取り額を勝ち取ることができる可能性が高くなるとのことです。

ディーラーは新車を売りたいという気持ちが強いですから、下取り額に納得がいないためにお客さんを逃がしてしまったのでは大変です。

そのため、具体的な数字を持って、買い取り交渉をしてくるお客さんに対しては、よりよい数字を出してくれるのだそうです。

 

まったく相場を知らないお客さんであれば、ディーラーの査定額は絶対だと思っているので、そのまま問題なく商談を進めることができるのですが、すでに他社から見積もり取っていて相場を知っているお客さんの場合にはそうはいきません。

このサイトで得たヒントをもとに、しっかりと準備をして後日あらためてディーラーに商談に行きました。

その結果、当初の希望額まではいきませんでしたが、十分に納得できる金額で下取りしてもらえることになりました

世の中は何ごとも、知っているか知らないかの差で、損をしてしまうことがあるということを、今回の件で痛感しました。

たまたまネットで見つけたサイトに感謝です。

メーカーの系列店とは異なるディーラーで査定をすると高くなる?

kuruma hakobu

中古車の査定をいくつかの店で行ってもらうと、各社で大きく異なる査定額が提示されることが少なくありません

これを奇妙に思ったことはないでしょうか。

日本自動車査定協会が毎月基準となる査定額を提示しているため、まったく同じ状態のクルマであればどの業者の買取り価格もほぼ同じになると考えるのが自然です。

しかし、現実的に大きな違いがでるのはなぜでしょうか?

それは、業者独自の査定額があるからなのです。

査定の基準というのは、実は買取り業者によって微妙に異なり、協会の査定額を基準に独自の評価基準をミックスさせて買取り価格を決めているところもあれば、まったく独自の視点で査定額を決めているところもあります。

大手ディーラーの場合にも、ほぼ協会の査定額を基準として使用しつつも、そこに独自に査定基準を設けています。

興味深いことに協会を基準にしているディーラーにおいても、査定結果はそれぞれ大きく異なることがあります。

トヨタ車をトヨタのディーラーで査定してもらった査定額と、ホンダのディーラーのそれとでは違う結果になります。

そして、多くの場合トヨタのディーラーの方が安い査定額となることが多いでしょう。

それには、メーカーなりの理由があります。

車の利用者は、次もいま乗っている同じメーカーの車を購入する傾向にあります。

しかし、メーカーにしてみれば自社の中古車が市場にあふれるのを好みません。

もし良質の中古車が市場にたくさん出てしまったら、新車を購入せず中古車を購入してしまう人が多くなってしまうからです。

車のメーカーにしてみれば、新車が売れないことには会社の売上が上がらないということになります。

そのため、トヨタのディーラーであれば、トヨタの中古車の査定額を下げて提示せざるをえないわけです。

もちろんこれは、ホンダでも他のメーカーでも同様のことが言えます。

こうした事情があり、車の査定額というものはお店によって大きく違ってくることになるのです。

もちろん車種や車の状態によっても大きく異なりますが、査定額に10万円~20万円の差が出てしまうことも少なくありません。

そういったことを冷静に考えてみた場合、ディーラーに売却したいのであるならば、自分の乗っている車のメーカーとは異なる系列店のディーラーだけに持ち込んで査定をしてもらったほうがいいということになります。

少しでも自分の車を高く査定してもらいたいと考えている人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

どこの店でも基本的に査定をしてもらうのは無料ですので、何店舗まわっても懐が痛むことはありません。

買取り専門店なのにディーラーよりも20万円も安く買取りされました

kuruma パジェロ1

最近では、全国ネットで流されている中古車買取店のコマーシャルをよく目にするようになりました。

実は私も新車を買う際に、いま乗っている車を少しでも高く売って新車の頭金を当てようとそういったお店を利用した経験があります。

車種は三菱のパジェロという四駆車でした。

年式も新しく走行距離も少なかったので、査定額もそれなりに期待していました。

車のチェックをしてもらっている間、ワクワクしながら待っていたのですが、実際に提示された買取り価格は想定していた金額よりもかなり低いものでした

その時の私は、一括査定サイトなどというものがあるということを知らず、家の近くに他の買取り専門店もなかったことから、仕方がなくその金額で売却を決めてしまいました。

このときに、買取り業者の人がしきりに「いくらくらいでの買取りを希望されますか?」と何度か聞いてきたのが気になりました。

おそらく、他の店からも見積もりを取っている可能性があると考えて、探りを入れてきたのでしょう。

しかし、それはあまりにもずるいやり方だと思います。

売り手側の希望を先に聞くのではなく、買取側の通常の金額を先に提示して欲しいと思うのです。

結局私は、足元を見られてしまったということになります。

業者さんにもよるとは思いますが、相手の本音を探り合うようなずる賢い取引はやめてもらいたいものです。

あとで、三菱系のディーラーに勤務する知人に「あのパジェロならさらに20万円以上は高く売れると思いますよ」との話を聞かされて言葉を失ってしまいました。

その知人も私のパジェロを何度か見たことがあり、キレイに乗っていたことを知っていました。

純正のオプションなどもたくさんついていましたし、プラス要因になる点はいくつもあったとのことです。

このことを聞いて、車買取専門店はディーラーよりも高く買い取ってくれると信じていた私は大きなショックを受けました。

1社の買取り店の査定額だけで売却してしまったことを、本当に悔やみました

査定をする方も、たんなる駆け引きでなく、オーナーがどんな思いで車を手放すのか、どのようにして愛車を大切にメンテナンスしてきたのかなどの心情も配慮して、良心的に査定をしてもらいたいものです。

どうもこの世は、正直者が馬鹿をみるようになっているようです。しかし、いつまでも悔やんでいても仕方がありません。

今回の愛車の売却では、いい勉強をさせてもらったと前向きに考えるようにしたいと思います。

車を売る前に必ずやっておきたい車内の清掃

kuruma shanai

中古車を高く買い取ってもらいたいのであれば、買取業者に見てもらう前にやっておくべきことがいくつかあります。

その中のひとつに、車内清掃があります。

査定をする人も人間ですから、内装をチェックした時に車内がきれいになっていれば、心情的に良い評価をしたくなると思います。

長年乗り続けた車内には、思っている以上のゴミや砂などが溜まっているものです。

「どうせ売ってしまう車なのだから、いまさらきれいにしても意味がない」などと考えないで、長年お世話になった車への感謝の気持ちも込めてしっかりと掃除をしてあげましょう。

床やマットの細かなゴミや砂などは、ホウキではなかなか取れませんので、クリーナーなどを使ってすみずみまで綺麗にするようにしましょう。

査定をアップさせるためには、室内を単純にきれいにするだけではダメです。

意外に査定額を左右するのが、車内の臭いです。

ペットを車に乗せている人や、車内でタバコを吸っている人は、しっかりと消臭をしておくことをお勧めします。

普段乗っている本人はあまり気にならないかも知れませんが、他人からすればペットの臭いやタバコの臭いはとても気になるものです。

カー用品店に行けば、消臭スプレーが売っていますので、査定をしてもらう1週間以上前から、しっかりと消臭をするようにしましょう。

近くにカー用品店がなければ、スーパーやドラッグストアで売っている家庭用の消臭スプレーでもある程度の効果はあります。

消臭で特に気をつけるべき部分はエアコンの内部です。

この部分は、一般の消臭スプレーではなかなか対応ができないので、専用のスプレーを使うようにしましょう。

車内の臭いがあるかないかの違いだけで、買取価格が数万円も違ってくることがありますので、面倒くさがらずにしっかりと対策をしておきましょう。

車内の汚い車や臭いのする車は、業者が買い取った後、お金をかけて清掃をすることになります。

その分の手間賃が査定額から差し引かれてしまうことになるわけです。

清掃用品は1000円から2000円程度で揃えられますし、掃除にかける時間は1時間もあれば十分です。

一手間かけることで査定額がアップするのならば、絶対にやらないと損です。

あと、室内に関するちょっとした裏技ですが、ついているカーナビやオーディオがメーカー純正じゃない場合は、取り外してオークションなどで売ってしまったほうがお得です。

なぜなら、車の査定において、カーナビやオーディオなどのオプションパーツが評価をされるのは、メーカー純正だけだからです。

ついていても取り外しても同じ買取額になってしまうのであれば、外してオークションなどで処分してしまったほうがいいわけです。

新車で購入した車を転勤のために手放すことになった体験記

kuruma seibi

私は3年前に大学を卒業して、いまの会社に入社しました。

当時勤務していた場所は地方で、会社へは車で通勤をしていました。

その車は、両親のすねを思いっきりかじって頭金の費用を出してもらい、新車で購入した車でした。

しかし今年の4月は会社から、転勤の辞令が出てしまったのです。

新しい転勤地では、みんな電車での通勤でしたし、新しい住まいとなる社宅にも駐車場はありませんでした。

そのため、3年間にわたって私の足となってくれた車を泣く泣く売却することにしました。

新しい転勤地に引越しをする1週間ほど前に、テレビCMなどで有名な全国チェーンの中古車買取り店に行き、査定をしてもらいました

店の店員さんは、まだ3年ほどしか乗っていない状態のいい車を持ち込んだせいか、とても上機嫌で気合が入っていました。

当時、免許取り立てにもかかわらず新車を購入するという暴挙をおかしてしまったにもかかわらず、奇跡的に事故などは一度も起こさず、車はとてもきれいな状態でした。

プロならではの手際よさで店員さんは車の隅々までチェックすると、10分ほど待たされただけで買取り金額が提示されました。

私の車にはメーカー純正の割と高機能なカーナビが装着されていたので、その分を反映してくれたのか、査定金額は想像よりもかなり高いものを提示してくれました。

店に車を持ち込んだときの、店員さんの気合がそのまま買取り金額に反映されたような感じです。

当初は、他の店にも査定を依頼することを考えていましたが、あまりにもいい金額を提示されてしまったので、その店と契約することを即決してしまいました。

まだ3年しか乗っていない車なので、ローンが残っている点が気になったのですが、その買取り店でローンの残金をすべて立て替えて支払ってくれるということで安心しました。

そして、買取り価格からローンの残額を差し引いた分を現金で受け取ることになります。

当初は、ひょっとしたら買取り金額とローンの残額でトントンくらいかなと思ったのですが、買取り金額が想像より高かったために、結果的はプラスになりました。

その分は、頭金を出してくれた両親に、そっくり全部渡しました。

いまでは車に乗ることもまったくなくなり、電車に揺られながら会社に向かう毎日ですが、自分が3年間乗った愛車がいったいどんな人に買われたのだろうかなどと、窓の外を眺めながらときどき考えたりします。

マイカーを手放すならば少しでも高く売れる工夫をしましょう

kuruma aka josei

どうせマイカーを手放すことになるのであれば、その時における一番高い査定額で売りたいと誰もが思うことでしょう。

車を売るときに一番やってはいけないのが、新車を購入するディーラーに車を持ち込んで、そのまま言いなりの値段で車を手放してしまうことです。

下取りや買取りにおいては、確かに目安となる相場は存在します。

しかし、実際にいくつもの業者に査定をしてもらうと分かりますが、各社で驚くほどの買取り額の差になることがあります。

やはり、相場はあくまでも相場であって、買取りをする業者の流通ルートや在庫状況などによって、実際の査定額は大きく変わってきます。

そのためには、普段から周囲の口コミなどを参考に、優良なクルマの買取り業者をいくつかピックアップしておくようにするといいでしょう。

いまや中古車査定をしてくれる専門店は非常に増えていますし、仮に地方に住んでいて地元に有望な業者がいなかった場合にでも、いまやインターネットを通して全国対応の買取り業者を容易に探すことが出来ます。

SNSや掲示板などの口コミを参考にして、インターネット上で話題となっている業者をチェックしておくといいでしょう。

そういったことが面倒だという人は、一括査定サイトなどを利用するのが簡単で手間がかかりません

一括査定サイトの場合、もともと優良な買取り業者をサイト運営会社が集めてくれていますから、自分で探す手間が省けますし、ネットから必要事項を入力するだけで複数の業者から同時に査定を受けることができるので大変便利です。

もちろん、愛車の査定額をアップさせるには、業者選びだけでは物足りません。

自分なりに査定額を引き上げるために出来ることはないかということを、考えてみる必要があります。

普段から、洗車やワックスがけなどをこまめに実施したりするだけでも、大切に乗られてきたことを印象付けることができるので、多少の査定アップにつながる可能性があります。

参照:洗車好きになれない方への朗報!?

また車検の残り期間や、年式、さらには走行距離などを考慮して、もっとも高く売れるタイミングを検討してみるといいでしょう。

たとえば古い車だと、9年落ちと10年落ちでは、買取り価格が一気に下がることが多いですし、走行距離においても10万キロを超えると、査定が厳しくなってしまいます。

また、リセールバリューを考えた場合、3年落ちとか5年落ちのタイミングで売るのが、一番資金効率がいいといわれていますので、その辺もしっかりと判断材料にするといいでしょう。

中古車査定で得をする基本的なポイントを知っておきましょう

 

kuruma garegi2

車の売却を考えた場合、最初にとる行動は売る予定のクルマの査定を受けることになります。

その際、中古車査定の基本的なポイントを知ることで、効率よく高値での売却を実現できるようになります。

査定を受ける際の基本的なポイントとして最も大切なことは、車を売ると決めたら一日でも早く査定をしてもらうということです。

ご存じの通り、中古車は時間とともにその価値が下がっていってしまいます。

クルマに限ったことではありませんが、古くなればなるほどモノの値段が下がってしまうのは仕方のないことです。

中古車は1ヵ月単位で価値が下がり価格が落ちていきますし、市場の動向が反映されて短期間のうちに不人気車となってしまう場合もあります。

先のことを予測するのは難しいことですから、すでに現時点で人気車となって高い評価を受けているのであれば、早めに査定を受けることがとても大切だといえるでしょう。

また、査定額が上下する要因には、季節的な需要も大きく関係しています。

夏場であれば爽快感を求めてオープンカーの人気が高まりますし、冬場には雪道に強い4輪駆動車の需要が高まります。

また、春先から秋口などにかけてのアウトドアーが盛んな時期には、クロカンと呼ばれる車種が人気になります。

シーズンに入ってしまってからでは逆に相場が動きにくくなりますので、売却のタイミングを逃さないように早めの対応が求められます。

さらに、中古車査定受けるときには、査定をする人の印象を良くする工夫も大切なポイントになります。

普段使用しているままの状態よりも、査定の前に洗車や室内の清掃をすることで、これまで車を大切に扱ってきたに違いないという、好印象を与えることができます。

ボディの傷みと査定額には密接な関係がありますが、日常的に車を使用していれば洗車などによっても小さな傷は必ずついてしまうものです。

可能であれば、コンパウンドなどで磨くことで消せる傷に関しては消すことも大切なポイントになるでしょう。

かといって、大きめの傷をあえて修復してまで査定を受けることはおすすめしません。

なぜなら、仮に修復をしても、それにかかった費用以上に査定額がアップするということは考えにくいからです。

以上、中古車査定を受ける際の、基本となるポイントをいくつか解説させていただきました。

クルマを売る予定のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

中古車を高く売るには査定前にキレイにしておくことがまずは大切です

kuruma souji
中古車査定を受けるにあたって、少しでも高値をつけてもらうために、ぜひ知っておいてもらいたいポイントがあります。

まず第一番に、売りたい車の内・外装をキレイにしておくことです。

キレイにしてあるからといって査定価格が劇的に上がるというわけではないのですが、汚いままだとどうしても印象が悪くなり、査定にマイナスになる可能性があるということは覚えておいたほうがよいでしょう。

「キレイにしている=車のメンテナンスが良い」との判断になりやすく、査定をする人に対して非常に好印象を与えることができるわけです。

また、大切に乗られていた車だということを印象付けることが出来れば、整備も行き届いていると判断されて細かな部分までチェックされずに済むこともあるかも知れません。

そして、車をキレイにするということ以上に、高く買い取ってもらうために大切になるポイントとして、査定をしてもらう車買取業者は必ず複数にするということが上げられます。

これは、あなた自身が愛車の「客観的な相場を知る」ためにもこれは絶対にやらなければいけないことです。

もし1社だけの査定価格で決めてしまうと、相場を知らないで状態のまま、業者の言い値で売ってしまうことになりかねません。

「他にもっと高い店があった」とあとからわかっても、取り返しがつきません。

また、買取業者ごとに、得意な車のタイプが異なる傾向も見られます。

ある業者はやたら軽自動車の買取りに強いとか、ある業者は低年式のクロカンに独自のルートを持っている、といったようなことがあるわけです。

そのため同じ車種でも、各社によって査定価格にかなりの違いが出てしまうことがあるのです。

やはり、自分の車を1円でも高く買取ってくれる買取業者を見つけるためには、なるべく多くの買取業者に査定をしてもらうことが、非常に大切になるのです。

しかし、そうはいっても、自分で近所やタウンマップを調べて複数の買取り店を探すのは手間がかかるし、休日などに車を持ち込むことの出来る件数も限られてしまいます。

そこで賢く利用したいのがインターネットの無料一括査定サイトです。

自分で業者を探す必要はまったくなく、サイトが提携している数十社の買取業者の中から、あなたの条件にマッチした会社を数社選んでくれます。

しかも、パソコンやスマホから簡単な項目に入力をするだけで、一括で査定が行えますので、非常に手間がかかりません。

少しの手間で、あなたの愛車が数十万円も高く売れる可能性があるということであれば、絶対に利用しない理由はないと思います。